チェーンルブの値段 | チェインオイルクリーンは今がお買い得で安い時期~!チェーンチェンオイルが好評!

。そして!プレゼントは「洗いま専科ハンドクリーナー 50g」でした!有難う御座います。ワックス系はだいぶ前に!フィニッシュラインセラミックワックスルブを試した事がありますが!その時は距離をいちいち記録してなかったので!同じワックス系として比較した性能の差は分からないですが!コスパがすばらしいですので!ワックス系の中ではお勧めではないかと思います。

早速ご紹介!

2017年02月08日 ランキング上位商品↑

チェーンルブ クリーン チェーン チェインオイル チェンオイルAZ B1-003 自転車用 チェーンルブ クリーン110ml (自転車チェーンオイル チェーン油 潤滑剤 自転車オイル 自転車油 チェインオイル チェンオイル)

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

もとのオイルをディグリーサーで除去後!汚れをよく拭き取ってから塗布。汚れもウェット系よりは呼び込みにくいようです。いつもこちらのチェーンルブを使っています。オイルは給油後に匂いが残りますので室内で注油する際は換気をお忘れなく。種類が多くて選ぶのに悩みましたが!レビューを読んで一番手入れが簡単そうなB1-003にしました。通常のオイルに比べて潤滑性能の持ちが劣る部分がありますが!私の場合は毎走行後に軽く拭き掃除するのと同時にチェーンもさっと一拭きし!ついでに給油もやってしまうので特に問題なしです。それにAZさんの製品はなんといっても安い!しかも送料無料ですから、ほかのケミカル類でもいろいろお世話になっています。よく乾かした後触ってみましたが!表面はさらっとしていました。。ドライ系のルブを好んで!使っています。まだ50km程度ですが、潤滑性能的には文句ありません。一緒に送られてきた商品チラシを見ると自転車用の9種類の中で「ドライ」は本品だけなのがチャートで一目瞭然です。たしかにドライタイプなのでウエットタイプと比べると静粛性は劣りますが!手軽が一番です。ただし容器に関しては、フィニッシュラインを使った経験から、ワックス系は下に白い粒子が沈殿し、冬になると温めない限り思いっきり振っても混ざらないことを知っていましたので、黒い容器はいただけないとい思いました。これまでは同じAZさんのB1-004ロードレース用を使用していて!まだ残っているのですが!これからはこちらを常用するつもりです。この点気になる方はチェーンを外し灯油に漬けたり!温めながら落とすかしないと!完全にはとれないということです。120〜130km程度のライドではオイル切れの感じも全くありません。出来ればこの分かり易いチャートをサイトにも掲載して欲しかったです。価格も安くて送料もかからないのでコストを気にせずこまめに注油できるので持ちがどうのは気にならないです。時間をおいて余分な油分を軽くふき取りました。ただ!この時期寒いところに置いておくと固まってしまいます。他メーカーのドライタイプよりも安くて、自分にとっては十分です。今までは自転車屋さんでつけてもらった、粘度の高いウェットタイプで潤滑性と持ちはとてもよかったが、汚れがすごく…チェーンがヘドロのようになってしまい大変だったのでドライタイプへ!粘度は適度な塗り方だと垂れずにしっかりと付きます! ウェットタイプに比べればこまめに注油した方がよさそうですが、清掃がとても楽になったのが一番のメリットだと思います☆通勤用のクロスバイクに使用してみました。リピート予定です。私の好みは!完全ドライのサラサラ系ですがもちろんそれでは!そこ50kmしか持たない印象です。耐久性はまだまだこれからですが、ウェット系とうまく使い分けていきたいと思います。ただ注油後してから120から150kmくらいから少しずつ音がしだしますのでロングライドのときは目薬などの容器に少し移してこちらも携帯するようにしています。つまり!チェーンにつけ!音が鳴り出した時に!チェーン洗浄機で洗った程度では!完全に落ちずうっすら黒ずんだ蝋のままということです。実は私は2本目の購入で、一本目の商品は購入後半年ほど、放置していたら成分をそこに残してカラっぽになっていましたw今回二本目を購入したところメーカーさんも、中キャップ付に変更されていました(^^♪マルチパーパス → クリーン → セミウェット → クリーンと戻ってきて、もうしばらく使ってみようと思ってリピートしました。コチラの商品は、サラサラ系ではなく、ねっとり感があるウェットよりです。冬場は蝋が固まるので重いです。チェーンが汚れにくいときき!購入しました。現にチェーンに塗布した際にフレームに付着したワックスを3日後に見つけウエットティッシュでこすったのですが!50回ぐらいこすらないと落ちませんでした。自転車が室内保管だけにチェーンもなるべく綺麗であってほしい。チェーンのローラー部を触ると若干汚れる程度でした。ノズルも注油しやすい形状でいいですね。通勤の自転車に使っていますが、チェーンが汚れずありがたいです。冬場なので粘度がそれなりにあり!垂れずに注油しやすかったと思います。潤滑性能は普段使いには問題なし。潤滑性能の差はわたしなどにはほとんどわからないし、それなら汚れにくいほうがいいですもんね。これまではウェットタイプのものを使用していましたが!汚れなど拾いやすかったので!ドライタイプを購入してみました。チェーンルブとしての性能は!ウェットにかないませんが!ベトベトにならない!飛び散らないので扱い易いと思っています。ワックス入りだからですかね?シャビシャビしていて!ノズルを傾けるだけで出てくるので!室内で注油するときは下に新聞紙が必須です。ですので、触るとペタペタ(ベタベタではない)した感じになります。チェーンも汚れにくく!安価でこれ以上の商品はないですね。通勤にクロスバイクを使っている方が全然メンテナンスしないので、時々これを使ってあげます。感覚で切ると、意外と穴が広がりすぎ、駒ごとに指すのが困難なほどボトボトでることになり、イライラしますので。チェーンが汚れず非常に使い勝手が良いです。 なお以下は、この商品に限ったことではなく、一般的なワックス系の特徴を少し記しておきたいと思います。クリーンに戻った理由は、セミウェットを使ってチェーンが外れた時、手が油まみれになったからです。液体の感じは乾くと蝋でコーティングしたような感じになります。使用前は暖かい部屋などで少し温めるなどして良く振ってから使うといいと思います。特に問題なければ次からもこれにすると思います。郵便で届きましたが丁寧に梱包されており発送も早くて良かったです。みなさんが言われるように汚れも付きにくく走行後のメンテが格段に楽になりました。いままでフィニッシュラインのDRYしか使ったことなかったのですが、違う物も使ってみたくて、これにたどり着きました。マルチパーパスは初めての購入ですので、通勤用自転車に使用しました。安いし良い感じです。値段は、私が使ったオイルの半分の値段ですwちなみに使用後、塗布用のノズルのままで放置すると蒸発していまいますので、中キャップに付け替えて保存して下さい。総じての印象は!チェーンの汚れ具合と!油膜維持のバランスが取れた良い印象です。持続性に関しては!200kmで若干音が鳴るようになり!400kmで完全に切れた感じになりました。普段はwako's チェーンルブを使っていた身からすると!チェーンを触った時に全く汚れが付かなかったのには驚きました。3度目の購入です。汚れません。黒ずむといっても!ウエット系の真黒と比べると全然ましですが。塗布度すぐの印象は、他のドライ系よりチェーン音が静か・・・その後30km程走行してみましたが、その印象を変わらず維持していました。非常に良い品だと思います。なのでドライのこちらを選びました。最近雨続きですが!そんなに流れていない印象です。この値段でこの性能なら大満足。すると家まで帰るのにこんなに楽になるなんて!と喜ばれます。普段はウェットタイプを使用していますが、環境からかあっという間に真っ黒になるので、ドライタイプの本製品を購入してみました。ちなみに、おまけで工業用ハンドソープの試供品?を頂きました。あとノズルはなるべく先端から試しながら切るべきです。なくなったらまたリピートします。